エレクトロニクス・ポップス・ロック好きによるおすすめBGM紹介

気が乗らない重苦しい作業にはテンションがあがるものをチョイスして作業するのが一番ですよね。

今回はやるやると口だけでなかなか作業が進まないあなたとわたしのために耳障りのいいBGMをご提案する回です。私の好きなあまりうるさくないBGMをただただ紹介するというものです。わたしはポップス・ロック・エレクトロニクスが好きで、作業用BGMは少しざわついているくらいものが好きです。

ポップス・エレクトロニクス・ロック、さまざまな音楽のジャンルがありますがこれら3つのなかでお好きなジャンルが1つでも被っていれば1曲くらいは心にズビビっと当てはまるものがあるのではないでしょうか。

基本的にアーティスト・アルバムの紹介というよりは作業しててうざくないタイプの好きな曲をお勧めしていくスタイルです。途中から根気負けして貼り付けのみになります。

アルバム「RE:CYCLE」

まずはエレクトロニクス好きで、ボーカロイドに抵抗のない方なら絶対に大丈夫。ボーカロイドに抵抗がある方でもぎりぎり大丈夫な ELECTROCUTICAのRE:CYCLEというアルバムです。このアルバムはエキゾチックな雰囲気なんだよ。

RE:CYCLE

RE:CYCLE

  • ELECTROCUTICA
  • エレクトロニック
  • ¥900

 こちらのアルバムはエキゾチックな雰囲気を感じる曲でしっとりとおちついていながらもエレクトロニクス好きを満足させる高音・リズムの曲から始まるんだ。唐突にカットインしてくるストリングスがクール。語彙力がなくてつらいので試し聞きしていただけたら伝わるとおもいますので、なにとぞ。 

 以下、こちらが一曲目。 

Re:structure

Re:structure

  • ELECTROCUTICA
  • エレクトロニック
  • ¥150

 

アルバム真ん中あたりの曲。

Re:turner

Re:turner

  • ELECTROCUTICA
  • エレクトロニック
  • ¥150

 この曲もイントロが神秘的。ゲーム音楽っていっても差し支えないかも。

 

ミクさんボーカルのこの曲。クールです。

Chaining Intention Re:verse mix (feat. Vocaloid Miku)

Chaining Intention Re:verse mix (feat. Vocaloid Miku)

  • ELECTROCUTICA
  • エレクトロニック
  • ¥150

イントロはRPGだったら敵に遭遇したときの音っぽい。初音ミクをボーカルに迎えておきながらもミクさんにスポットを当てない曲の展開でを、アイドル初音ミクが好きな人間からしたら「どういうこと?」と感じるでしょう。6分程度の曲なのですが、彼女がメロディーを歌い始めるのは2分13秒から。コーラスで1分過ぎから声は聞こえているんですけどね。ミクさんが歌わないミクさんボーカルの歌。なので、ボーカロイドに抵抗のあるかたにも勧められるのです。歌っている時間が短くても彼女の透き通った声は聴くことができるのでミクさんのファンもうれしい。いい曲です。

 

アーティスト「Awesome City Club」

2015年リリースのセカンドアルバムよりアウトサイダーを紹介。シティポップというジャンルのアーティストです。都会的なサウンド。耳障りのいい、ポップです。彼らの作る楽曲のコンセプトは「架空の街のサウンドトラック」で、散歩などに行きたくなる曲が多い。作業中に聞いていてもサウンドトラックがコンセプトなだけあり、差し支えないものが多くていい。男女ボーカルの心地よいハモリ。ぜひ聞いてみてほしい。

 

ファーストアルバムより。

It's So Fine

It's So Fine

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250

 ベースのラインが大変きれいでいいです。

 

アウトサイダー

アウトサイダー

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250

 アウトサイダーが一番好き。

 

サードアルバムより。こちらはイントロがとてもおしゃれです。

Don't Think, Feel

Don't Think, Feel

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250

この曲は好きな人に会いに行きたくなる。BGMとして歌詞を追わないで聞いても十分メロディが立っているのでいい。

youtu.be

MVも大変ポップでイケてる。

 

(卒論の息抜きで書き始めたのにこちらの進みのほうがよくなってしまっていて大変やるせない気持ち)

 

アーティスト「相対性理論

いまさら相対性理論がどうのこうのと言われたところでもう知っているよという方が多いでしょうが。私はアーティストシャッフルなどでBGMにして作業しているとこの4曲のところは作業が進まなくなります。

LOVEずっきゅん

LOVEずっきゅん

 いわずもがな。らぶずっきゅんとあのふわりとした声でいわれると、きゅんとします。

 

 

ミス・パラレルワールド

ミス・パラレルワールド

 

 

気になるあの娘

気になるあの娘

 

 

チャイナアドバイス

チャイナアドバイス

 

 

(恋は)百年戦争

(恋は)百年戦争

 

つまり、このアルバムが好き。 

 

 

 

アーティスト「LUCKEY TAPES」

Cigarette & Alcohol

Cigarette & Alcohol

  • LUCKY TAPES
  • ロック
  • ¥1800

 私はこのアルバムがかなり好き。先ほど紹介したACC(略称)とジャンルが同じシティポップだ。いや、シティポップなのかな。ソウルやファンク、ディスコの要素を取り入れながら日本語のポップミュージックに昇華させるってアップルミュージック先生もいってるからポップなんだとは思う。

「レイディ・ブルース」は「くだらねえよ」という曲の入り方、クールすぎて震える。

レイディ・ブルース

レイディ・ブルース

  • LUCKY TAPES
  • ロック
  • ¥250

けだるげな声が最高にポップ。 

 

LUCKY TAPES の曲はイントロが短めな印象を受ける。

TONIGHT!

TONIGHT!

  • LUCKY TAPES
  • ロック
  • ¥250

 少し疲れた夜に聞いたら走り出したくなるかもしれない。

 

ギターのメロディーラインがイケテル。

Gun

Gun

  • LUCKY TAPES
  • ロック
  • ¥250

 

 

イントロのストリングスが心躍りますね。ディスコの雰囲気かなり感じるかも。

揺れるドレス

揺れるドレス

  • LUCKY TAPES
  • ロック
  • ¥250

 トランペットがかっこいい。全体的にチルアウトしたリズムがクールです。

 

プレイリスト

私の作ったプレイリストから聞くのもいいかもよ。アップルミュージック使ってる方はどうじょ。

 

プレイリストその2

こちらはアップルの作成したもの。

 

あまり曲を紹介することなくプレイリスト紹介へ逃げましたが、よかったら聞いてみてね。