なにが原因かって私のコンテンツ力がたりないせい

近頃、ブログに記事を投稿する回数が減り、下書きばかりが増えております。なぜこんなにも書きたいことがあるのにうまく昇華できないのか。それは、私自身のコンテンツ力のなさが原因だと思いました。ただぼんやりと他人に対しての不平不満や嫉妬をつづるだけではそりゃ読者だって面白くないわけで、どうせやるなら見てもらえるものを書きたいわけで、私は自分のコンテンツについて考えてみました。

コンテンツ力の強化とは

自身のブログのアクセス数が少なさを嘆き人が購読したくなるようなブログを作るために自分自身の切り売りをしようと思い立ち、自身の提供できる話題について考える。

自己紹介

まずは人に読んでもらうには自己紹介をする。私はこのブログで自己紹介をしていなかった。どのような人間が書いているかを明らかにするために「バイオグラフィー 意味」「バイオグラフィー 書き方」で検索をし、プロフィールを埋めることにした。(参考文献:ブランディングを加速させるプロフィールの書き方・作成

シンデレラ型ストーリーという文章の書き方を選んだものの、どの程度まで遊んでいいものかわからず撃沈。どうにか自身の簡単な略歴をひねりだし現在の形に落ちつかせた。

アバウトページの編集

どのようなことを書くブログかわかりやすく説明するべきページがあるのならば、そこを有効活用しよう、とページを編集した。スマホからは私のバイオグラフィーが見れないのでアバウトページにも追加。

ka2716.hatenablog.jp

どうだろう。ぼんやり方向性の指針みたいなものを自分なりのメモにも見えるが表してみて、そういうくくりで記事をつくる人間だというものが伝わったのではないかなと思う。というか、誰も読んでいないかもしれないという事実を無視して書き進めている感じがやばい。

コンテンツの整理と追加

コンテンツの書き出しとカテゴリーの整理を行って新たにカテゴリーを作成。「クソみたいな雑記」に含まれていた写真や感想文を切り離し、独立させる。また感想文と銘打っておきながら雑記になってしまったものはカテゴリー「クソみたいな雑記」を追加。

スマホからもカテゴリー表示できるようになればいいのに。

以下新たなコンテンツまたはカテゴリー。

卒論

これから卒業論文を書くにあたってぶち当たる悩みや進捗状況を報告する場になると思う。私の卒論のテーマはサービス業の歴史である。ちなみに学部はサービス業とは強い関係はない。

TOEICスコアアップチャレンジ

私の英語力の低さを露呈させつつもスコアアップのために進捗報告をしたら、今までさぼっている勉強ができるようになるのではないかという浅はかな企画。これがしっかりとつづいてスコアアップさせることができれば恥ずかしくないのだけど。

コンテンツ力強化をはかって感想

コンテンツ力を上げるためにマイナーチェンジを行って、今までなぜ方向づけをしなかったのだろうかと思いました。私自身はバイオグラフィーだとかを書くような自意識過剰な人にはなりたくないと思っていたけれど、いざ始めて書いてしまえばそんなに大差ないような気持ちになってきました。ブログ書いていろいろな人に見てもらいたいという自意識過剰はバイオグラフィーを書いてもめくそとはなくそ程度の違いしかない気がします。そして初めて訪れたブログに自己紹介も載っていなかったらだれのどのような目線の文章なのかがわかりにくいので読み手が混乱し、再訪問につながらないだろうと気が付きました。

アバウトページでのコンテンツ説明はPCでブログを見ている人には親切な設定だけど、カテゴリー検索ができないスマホ閲覧者にはあまり意味のないものになっているのだろうかという不安が残ります。バイオグラフィー書いたことは意味がある気はしています。

ブログタイトルの下や横、スマホだとプロフィールの下に表示される部分の一行はなんて書くのが正解なのかが少し考えてみたけれど思い浮かびませんでした。

 これで訪問者が増えたり、コメントが来たらいいなと淡い期待をしつつ、コメントもらったところで返事するのにためらって返せたためしがないのだけれども。

これからも定期的にマイナーチェンジを行っていきます。