思い立ったら即行動がモットーなので足ツボされてきた

先日9月12日、私は生まれて初めて足ツボマッサージをされてきました。

皆さんは知らないと思いますが、私はアナウンサーの安住紳一郎が好きで、彼のラジオが好きです。そんな安住フリークの私は撮りためていたぴったんこカン・カンを録画で見ておりましたところ、8/5放送の回で女優の永作博美に連れられて安住紳一郎が足ツボをされに行ってるではないですか。なんか痛みに悶えていてかわいい。そして足ツボというものは信仰してみる価値がありそうだということで、ホットペッパービューティーのアプリを開き、足ツボの予約をし、行ってきたんです。

足ツボマッサージしてくれるところが自宅から自転車で15分の距離にあるんですね。足ツボからネイル、マツエク、全身オイルマッサージをしてくれるような所があったんですよ。あるんだ、実際。知らないことだらけです。

到着間際少し迷子になり、電話をしたところ丁寧に道案内をしていただき無事到着。汗まみれで恥ずかしい。そんななかソファに誘導され、問診票を書きました。だるいところにはマル印、痛いところにはバツ印などを書き込み、「体が冷えている(らしい)、むくんでいる、だるさがぬけない」ということを伝えました。

問診票を書き終わると、私服から施術着に着替えます。黒のハーフパンツに履き替え、施術室へ。寝っ転がり、冷え防止のタオルを体中にかけてもらい眠りそうになりながら施術開始。

初めての足ツボだと伝えていたので弱めからしますね、とおっしゃっていたのに「うっ」と呻き声を漏らし、「あ、ごめんなさい」と施術者のお姉さんに言わしめてしまいました。

老廃物たまりまくりで施術者のお姉さんが足裏を押す度にゴリゴリという感覚が伝わる。足の冷えがつよいですよ、辛くないんですか?などと聞かれるも私としては自覚症状がないので「マッサージ行くとよく言われるんですけど」などと煮えきらない返事をしてました。すねが凝り固まっているらしい。なんてこったい。

体の冷えやだるさを取るにははどうしたら良くなるか聞いたところ、沢山うんこを出すこと(日々快便なんだけどな)、生姜を食べる、アイスをやめる、適度な運動(ストレッチでも良い)、メディキュットなどは3時間までと教わりました。

足裏はゴリゴリとして辛い。ただ、痛くないところはとても気持ちいい。頭と首のあたりと副腎というところと老廃物を流すところは激痛。そのほかはあまりわからなかったです。

お家でもやってみてくださいねということで自宅でも少しやってみたところ、後遺症として、自宅の階段を登ろうとしたら足裏が痛いというものが残りました。これは、いいのかしら。

これからしばらく体を冷やさない生活が始まります。

目標は三つだけ。今日(2016.9.14)から1ヶ月続けてみます。1ヶ月後足の裏が暖かくなってたら凄いな。

  1. 足裏を押す
  2. アイスをやめてはちみつ生姜ドリンクを飲む
  3. 適度な運動(ストレッチでも良い)