KAJALLA#1「大人たるもの」横浜公演初日を見て

横浜公演の初日を見ました。もうすぐしたら1ヶ月がたってしまう。夢からさめたくないから感想は書かないんだなどと言っていたけれど、そろそろ心も落ち着いてきて感想がかけそうです。というか、もう覚えてない。そして、私はこれから豊橋の千秋楽を見に行くので、リセットさせなくてはならぬ。

生まれて初めての舞台観劇。何をどうやっていいのかわからないまま友人に連れられエスカレーターを登り、物販を買いました。サントラと本とステッカー。ステッカー二枚買えばよかった。使えないじゃないか、とあとから気がつくことがたくさんある。

黒子からのご案内

南大介さんがコミカルにご案内してくれます。携帯は今すぐ切るんだよ〜って所が笑えて良かったです。

大人用

なにかの製品を買い求める大人たる者達。欲しがっていたものが大人用ではなかった、別バージョンなどたくさんの種類があり、文句を言いながらも欲しいものを手に入れるというお話。とにかくみんな可愛い。

保険窓口のやつ

幸せになるための保険を売っている保険屋に辻本さんが行くコント。小林賢太郎が付き添いの友人。販売員のお茶彦(仁さん)、安井さん、竹井さん。携帯のプランのような謎のプラン説明や、販売員の「〜の方」「〜システムになっております」などのありがちな口癖をキーワードに進めていくのがコミカル。

キャラもの

被り物をした仁さんがイキイキとしているコント。

竹井さんが甘いものを配り歩くおじさん。竹井さんの「あまおう」というのに笑ってしまう。竹井さんが緑の帽子、赤いマントをつけていて、背中を向けて体操ずわりをして「あまおう」と叫ぶもの。

辻本さんが丁寧に状況説明をしてくれる。

お医者さん

立ち代り入れ替わりお医者と患者役で1人ずつ出てくる。アスペ芸炸裂である。

※アスペ芸→会話が噛み合わないコントのことを指している

野生のやぶ医者

やぶ医者だったかな。野生の名医がいるというコント。

仁さんが野生の名医で死んだふりをしていると悪いところを治してくれる。最後にはみんな野生の名医になり、ピーポーピーポーパーティピーポーと言う。かわいい。

暗転した時に、仁さんと賢太郎さんがハイタッチをしていた。賢太郎さんが片足後ろに曲げてて可愛かった。

沖縄料理屋

沖縄料理屋に仁さん、安井さん、竹井さんが会社の同僚で待ち合わせをしてご飯を食べに来たコント。辻本さんが店員さん。賢太郎さん不在。

仁さん、安井さんはオタクで女の人とコミュニケーションがうまく取れていない設定。竹井さんのコミュ力が高くて、仁さん、安井さんの気になる女性ケイコさんと仲良しという設定。

仁さん、安井さんはオタクでコミュ障で女性が苦手で、ケイコさんが好きなんだけど、ケイコさんがたまたま店に居合わせて席を一緒にするかしないかでもだもだするコント。

安井さん「〜でござるか?」などというのだけど、マジで気持ち悪いから相当笑える。

雪山の小屋の話

竹井さん、辻本さんが現在小屋に訪れている人。

賢太郎さん、仁さん、安井さんが過去に雪山の小屋を使って映画をとった人。

現在と過去を同じ舞台上で行うのだけど、緻密ですごい。被らない。重ならない。でも、同じ舞台上で表現されていて、すごいんだ。

賢太郎さんが死ぬほど演技がへたっていう設定に笑える。仁さんの雪大人という謎ワードがかわいい。安井さん、天才的なツッコミでいかす。

辻本さんが賢太郎さんに手を取られて、宇宙人につれさられる人間のようになりながら開ける食器棚のところがよい。あとで、イラスト書く。

ラストコント2回目の成人式

地獄のような2度目の成人式の話。大人になると、40歳の時に2回目の成人式があるという。それは、今まで無駄にしてきた時間や水、ご飯などを体感するというアトラクションのような地獄たちが待ち受けているという。

おわり

最後の挨拶的なものがあり、幕が閉じる。何度か出てきてくれて、「カップルは中華街とかいくんだろ」とヘラヘラとしていた。ヘラヘラとすんなよ!と思ったけれど。

手を振ってくれて、私は二階席だったけど、目が合ったきがした。

はけるときに、安井さんと賢太郎さんが一番はじめのコントのポーズをしながらはけていった。かわいかった。

ちゃんとしてくれない賢太郎さんにイラッとした。イラッとしたり、喜んだり、私もダメなファンだ。そんなことを言ったら、一緒にいた友人は賢太郎さんってダメな大人だけどそれが好きなんでしょみたいなこと言ってた。そうだなーと思った。

私の感想文の終わり

1ヶ月も時間を空けたせいでなにも覚えてない。覚えてないけれど、赤い座席。最後に手を振る小林賢太郎。ヘラヘラしちゃう小林賢太郎。それくらいは覚えている。もう覚えてないんだな〜。

あと1時間もしたら、千秋楽だから、その後はちゃんと感想を書きます。