好きな人が異性と遊んでいても咎める権利なんてないと思うのだが

身の振り方を間違えたみたいだ。久しぶりに気分が重たい。悪意なく人を傷つけたみたいだ。そういうことをされたくないと思っていたし、なるべくしないようにと暮らしているつもりだったが、やはり私は浅はかだと気づくことが出来た。不本意な気づきだけど。気がつけて良かったけど。なのに、「けど」や「だけど」が続いてしまう。言い訳ばかりで情けないが、どうも釈然としない。傷つけたことは悪いと思っているのだけど、ね。

 

気になる人がほかの女の子と遊ぶことを咎めないことはいけないのだろうか。寛大だと褒められるものだと思っていた。会話の流れとしては、女の子にデート誘われているが、私と知り合ったためその子とのデートを断るというので、遊んだらいいと思うと伝えたというものなのだが、どうも相手を傷つけてしまったようだ。なんだか釈然としない上にわたしまでダメージを食らってしまって気持ちが晴れない。

付き合ってもなくてそれを咎めるのは大変な思い上がりだと思うし、そもそも付き合っていてもいなくても交友関係を狭めるような束縛に良さが見いだせない。友達とご飯も食べに行くことができなくなるようなふたりぼっちの関係性は面白いのだろうか。そのようなことを考えてしまう。

興味を持ってる人にはその人と私以外にもコミュニティを持っていて欲しいし、その仲間を大切にしてほしい。おかしいだろうか。

私は誰かと付き合っても仲の良い友人とは同性であろうと異性であろうと友人として仲良く過ごしていきたいのでこう考えたのだが、おかしいのだろうか。

私の考え方が間違っているのかどうかばかりが気になる。

彼の好意を感じ取っていながらもほかの女の子とデートに行けばいいと思うと突き放すような発言をしたから傷ついているのだろうか。好意とは違う次元で私は交友関係を狭めるような自分だけが満足して相手を制限するような発言をしたくなかっただけなのに。

そりゃ私に好意を寄せておきながら、ほかの女の子と終電逃してホテルに泊まったなんて言われたら怒るかもしれないが、そうでないかもしれないデートを咎める理由があるだろうか。私はそんな小さな人間にはなりたくない。

なんで傷つけてしまったんだろう。たしかに意地悪言って困ればいいとは思ったけど、突き放すつもりはなかった。なんて言っても言い訳なのだろうなぁ。

ごめんね、で済むことなのかな。いろいろ考えるのやだな。

向こうは誤解が解けてケロッとしてるのがむかつく。

ああ、なんで傷つけてしまったんだろう。