ひとつのエントリーだけで読者登録するのはよくない

「面白いエントリーをするひとだ、私の感性に合った記事を書いている」などと、ひとつの記事を読み文体も気に入り、はてなブログの読者登録をしたけど、実際はアフィリエイトで稼ぐことばかりに特化した丁寧ではない記事を書く人だったとか、文章が散漫だったりということはありませんか。あるよね?私はわりとある。なんか、勝手にがっかりしちゃうヤツ。

アフィリエイトの人々は文章を書くなら、結論まで持っていこうよ。そうでなくとも自分なりのオチをつけようよ。こうなったらいいな(詠嘆)のような終わり方は逃げだよ。つまんない。

ある程度オチなり、持論なりを展開してくれれば黙って読むんだけど。

なんて思っていたけれど、丁寧な文章を書くのは熱量がいるし、文字数がいるので時間がかかる。言いたいことが沢山あると、何個も記事を分けたり、わかりやすい構成にしなくてはならない。ブログってそういうことの積み重ねだと知っていたけれど、今日、自分のブログで酔っ払いながら記事を書いた時に、ああ、クソみたいな記事を世の中に出してしまったなーと思った。失敗したな、とか、悪いことしたなと思った。誰に?って感じだけど。

だからといって、そのアフィリエイトの人たちみたいに問題提起して自分なりの答えも出さずクローズするような記事を書く人には成りたくないし、そういう数を稼ぐだけのブログの読者登録はしたくないなと思った。そして、私のブログではそういう気持ちにさせたくないなと思った。

といいつつも、自分のペースで書いていいブログで、自分がしたくないことをしてしまつたというのはかなり凹む案件でした。

私は、アフィリエイトで楽して稼ぐために身の詰まっていない記事を1日に何回も吐き出すようなもったいない文章の書き方をする人にはなりたくないし、フリー画像かどうかさえも疑わしい拾ってきた画像をサムネイルに登録するようなずるい大人にはなりません。

だから、私はこれからは面白い記事があっても前後数日の記事を読んで肌に合わなければどんなに面白くても読者登録はしないし、私のクソみたいな記事を気に入ってくれた人には心の中でしっかりとお礼をいう。あと、ニーズに合った記事も書くけど、自分の書きたいことも書く。

今日は、誰かと繋がりたい日のようで、クソみたいな記事を世の中にエントリーしまくってて情けないです。

誰も読まないでくれ。嘘、読んでくれ。