臨時収入があったから増やそうと思ってパチンコしたらスった

ちょっと運良く1万円臨時収入があり、どう使ってやろうかと悪い顔をしながら繁華街にやってきた。あなたなら1万円で何をするだろうか。貯めるだろうか。それとも使うだろうか。私はよほど何かがなければ使う。そう、パーっと。

今回は自分自身に向けた教訓と買い物の報告である。

長いこと欲しいなと思ったきり自分の気持ちを抑えていたゆったりとしたデニムパンツ。買ってやった。ジーユーで!

ケチったね。ケチったけれども、欲しかったものを買った。そこで、残っている資産が7千円ある。どうしよう。どうする俺。ライフカードのCMのようだ。何買おう。どうする?と脳内のリトルシスターに問いかけると「ボーダーのTシャツ欲しいな。ラーメンズの公演のKAJALLAのドレスコードが白×黒ボーダーとサンダルだっていう話だからなんとしても買いたいんだよ」とのこと。ふむふむ、買いに行くか。さて、と店を移動しようと足を踏み出したところで私の中の悪魔が囁き出した。「残りの7千円を、4円パチンコしてどーんって増やせばいいんじゃね?2千円つっこんでダメなら諦めればいーじゃんか」と。馬鹿な私は「そうだな、そのとおりだ。パチンコしよう」とスキップしながらパチンコ屋に吸い込まれた。

右手を固定すること数十分、2千円はすんなりと機械に吸い込まれた。エヴァンゲリオンの台に座りおとなしく右手首を動かすとミサトさんがむっちゃ喋り出した。が、本当に何も起こることもなく、単発も当たることもなく、クソっと思いながら店を出た。

よせばいいのに馬鹿な私は性懲りも無く「なんか、イチパチなら当たる気がする」と呟き、隣のパチンコ屋に入り、イチパチに5千円をセット、だいぶ長いことかけてリーチ何度も出してスりました。いやもう、ほんと高い喫煙所?お賽銭?クーラー代?椅子代かな、5千円スったのは変な欲を出しすぎた結果である。

もう当分パチンコしねーし、と吐き捨てて店を出た。本当に当分やらない!

ランダムウォーク理論をゼミで取り扱った時の話を思い出した。ギャンブルは勝ち続ける人は勝ち続けるが、ダメな人は一生勝てないのである。正か負に傾き続けるのである。まじでクソで、私はギャンブルに勝てない星に生まれている。

パチンコに負けたが、財布にはまだお金は残っていた。なんかむしゃくしゃするから当初目的だけは果たしてやろうと思った。ボーダーのTシャツを買おう。

無印良品でかわいいボーダーのTシャツあったような気がしたのに全然ちっともさっぱり私の琴線に触れるTシャツがない。記憶違いだろうか。うーむなどといいながら店を出て服屋に入りボーダーのTシャツをみてはデザインが気に入らないだとかイマイチと唸りながらうろうろとしていた。

GAPの看板が目に入り、もしかしたらと思った。友人と渋谷のあたりをふらついた時に、GAPに行ったぞ。もしかしたらボーダーのTシャツはGAPにあるのではないか。もしかしたら、だった。もう店に入って1分で見つけた。しかもセール。30%OFF。もともとのお値段でも安いのに、なんだこれは!諸手を挙げてレジに走り出そうとしたところで、ありえないほどに安くなったパンツがズラリ。スウェット生地のテーパードパンツ。間違って着たら寝巻きになりそうなデザインのそれが欲しい。ああ、Tシャツよりも安い値段で置いてあるではないか。そこにすかさず店員がご試着いかがですかとカットイン。やんややんやと言われるがまま試着室へ連行され。煽てられるがままにレジに向かったのであった。いいカモである。

これらである。

f:id:ka2716:20160818223941j:image

5千円、スってなきゃいい買い物だったのになぁ。

その後、雑貨屋なのか服屋なのか分からないような店で赤い細身のベルトを千円で買い、本日の買い物は幕を閉じたのであった。

パチンコで負けた分を除けば1万円で収まっているが、負けてるので赤字である。また間違いを犯してしまった。

今回の体験を踏まえて自分自身にもう一度言っておこう。臨時収入があっても、パチンコは行ってはいけないぞ、と。