絶対に電車通勤するような仕事には就かない

私は神に誓って言う、絶対に満員電車に毎日乗らなくてはならないような仕事には絶対に就きません。

 

おっさんの手が私のお尻のひだりほっぺに当たり続けることを我慢しなくてはならないような満員電車には決して乗らない。決してだ。雨の日などはさらにそうである。

雨の日の電車は普段使っていないような礼儀のなっていない利用者が多いから嫌だ。やたら傘があたって嫌い。それと、車内が汗臭い。地獄だ。これ以上の地獄はない。そして、今日は地獄フルコールにオプションで通勤ラッシュまで加えられている。こんなのは自殺行為だ。毎日、人を殴ることなく職場まで行ききり、仕事をして、今度は帰宅ラッシュで帰ってくるなんて絶対にムリ。わたしにはムリ。きっと途中で人を殴る。それくらいストレスが溜まる。

足の遅いデブスも死ね。右によるか左によれ、真ん中でもたもたと歩くな。なんでど真ん中歩いてたくせに、わざわざ避けて抜かした途端に肩を当ててくるんだよ。よろつく必要ないだろ。こっち、避けてんだから。オメーはチンピラか。殺すぞ。真ん中を歩きたければ早足であるけ、さもなくば左右に寄れ。

朝は一分一秒が命取りで、電車の乗り換えがうまくいくかどうかで信用問題にまで関わってくる。だから、道を譲れ。私の反射神経や人に当たりたくないという気持ちを維持したまま人混みに当たらずにすり抜けるという精神をすり減らす技を使わなければ、危うく社会的に死ぬところだっただろうが。

家を早く出ろって言ったって、バス停で30分も待たされてんだから私に非はない。これ以上どうしろというんだ。

あと、傘はまっすぐにもて。なぜ、斜めにして後ろや横の人間にまで危害を及ぼすのだ?だれもお前の濡れた傘なんぞに当たりたい人間はいない。死ぬほど綺麗な女やハンサムだったとしてもそうだ。絶対に嫌。なにもいいことがないから。不愉快。

本当に通勤電車が嫌いだ。空いている時間なら何も思わないのに。パーソナルスペースが確保されていないということがどれだけ不愉快か。

通勤電車が嫌だから大学2年生からずっと通勤電車さけて授業組んできたのに。こんなタイミングでぶちあたるとか。そりゃねーぜ。

ジジイ、手が当たってるくらいは不可効力で我慢していてやったのに、電車がブレーキ踏んでもないのに股間を前後に運動させて尻に当てるのは犯罪だろうが。てめーの短い足の低い位置にあるちんぽを押し付けんな。殺す。そういう意思で睨んだ。そしたら、何が?って顔された。てめえ無意識なら私の足勝手に使ったことをいつか後悔する呪いにかけるぞ。それだけでなく、電車降りようとしたら私の後ろにいたおっさん、私を追い越してドアを出やがった。こういうところがホント嫌い。

いつもスカート履かないから何も害はないけど、背が高いから痴漢をしようと思っても外れるからね。こうやって面接だからと必要に迫られてスカートをはくとムカつくことばかり起こる。イラつくからいつも午後の面接にしてたのに。クソ、当分足出さねえ。

雨も、通勤電車も、朝も、スーツも、全部嫌い。全部、嫌い!嫌い!

早く家に帰りたいです。